カリキュラム

【対象】
ベーシック:はじめてサマースクールに参加する方、鉄道趣味が好きなレールファンの方
アドバンス:鉄道経営・地域づくりを学びたい方、およびリピート参加者

タイムテーブル

7/30 ベーシック・アドバンス共通
11:30勝田駅・win winビル会場にて受付開始
12:00開講の挨拶、オリエンテーション
12:40勝田駅から列車にて阿字ヶ浦駅、サミット会場へ移動
13:40第4回終着駅サミット&第3回ローカル鉄道サミット
16:00【フィールドワーク】湊線延伸予定ルート視察
18:30阿字ヶ浦旅館にて懇親会
20:30懇親会終了
7/31 ベーシック
9:20【座学】鉄道図書ができるまで 講師:Rail Magazine・名取編集局長
11:40【フィールドワーク】鉄道写真講座 講師:鉄道写真家・米屋こうじ
14:40修了式
15:00解散・補講(質疑応答開始)
7/31 アドバンス
9:00【フィールドワーク】新駅設置候補地視察
10:30【ワークショップ】新駅設置と地域開発を考える
13:30【座学】ローカル鉄道の経営改革 成功と失敗 講師:ひたちなか海浜鉄道・吉田社長
14:40修了式
15:00解散・補講(質疑応答開始)

お申込みはこちら

講義内容

7/30 ベーシック・アドバンス共通

【フィールドワーク】ガイド付き湊線全線乗車

吉田社長の車中ガイド付きで、ひたちなか海浜鉄道湊線全線を乗車します。
車窓からの景色を眺めていただきながら、沿線や車両の解説などを行います。

講師:吉田千秋(ひたちなか海浜鉄道社長)

【フィールドワーク】湊線延伸予定ルート視察

いよいよ実現に向けて動き出したひたちなか海浜鉄道・湊線の延伸計画。具体化してきた延伸予定ルートを、ひたちなか海浜鉄道・吉田社長や、地元応援団メンバーとともに、バスで巡ります。現地を丁寧に見ることで、延伸にあたっての課題や延伸後の未来予想図を掴むフィールドワークです。

夕食・懇親会

ローカル鉄道経営者、プロ鉄道写真家や鉄道雑誌編集長と話せる懇親会!初日の講義が終わった後は、参加者同士で親睦を深める懇親会を実施します(費用は会費に含まれます)。ひたちなか海浜鉄道のスタッフや、ローカル鉄道・地域づくり大学のメンバー、サミットに登壇する山田社長、、礒野専務、そして鉄道写真家の米屋こうじさん、Rail Magazine編集局長の名取紀之さんも参加予定。サミットや授業で聞けなかったことを質問するチャンスです。

7/31 ベーシック

【座学】鉄道図書ができるまで

いま、鉄道雑誌やムック、時刻表など、鉄道関連図書は年間300タイトル近くも出版されています。ファンなら一度は手にする鉄道図書はどうやって作られているのか、企画から取材、編集そして流通まで、その舞台裏を、鉄道月刊誌として有名なRail Magazineの名取編集局長が解説します。

講師:名取紀之(鉄道雑誌『Rail Magazine』編集局長)

【フィールドワーク】鉄道写真講座

鉄道の魅力を伝える、写真の撮り方教えます!ローカル鉄道にとって、インターネットを使っての情報発信は非常に重要です。特に、鉄道や沿線の魅力を伝える「写真」は、より重要なツールになっています。鉄道写真で有名な写真家の米屋こうじさんによる、写真講座を開催します。カメラご持参の上でご参加ください。

講師:米屋こうじ(鉄道写真家)

7/31 アドバンス

【フィールドワーク】新駅設置候補地視察/【ワークショップ】新駅設置と地域開発を考える

ひたちなか海浜鉄道沿線で進む道路整備と宅地開発。その開発計画伴い、地元住民を中心に鉄道新駅を作る計画への声があがっています。
2014年10月に新駅「高田の鉄橋」を開業した実績を持つひたちなか海浜鉄道。延伸計画も具体化する中、さらにその先を見た新駅設置を地域開発の視点から考え、どのような計画が地域づくりと公共交通に資するのか、フィールドワークとワークショップを通して考えます。

講師:吉田千秋(ひたちなか海浜鉄道社長)、佐藤彦三郎(おらが湊線応援団長)、高島洋平(NPO 法人未来ネットワークひたちなか・ま理事長)、村上剛久(ひたちなか市水道事業管理者)

【座学】ローカル鉄道の経営改革 成功と失敗

経営母体・体制の変更、公募社長制度の導入、上下分離制度など、様々な仕組みでローカル鉄道の経営立て直しが全国で実施されてきましたが、その歴史は決してなだらかなものではありませんでした。
過渡期を迎えるローカル鉄道の経営改革を、自身が公募社長であるひたちなか海浜鉄道・吉田社長が様々な実例を元に総括します。

講師:吉田千秋(ひたちなか海浜鉄道社長)

お申込みはこちら

トップへ戻る